大阪のレンタルオフィス  SOHO LINK 長堀

スタッフブログ

新潟への旅行

関西人にとって国内で一番なじみの浅いところ北関東方面で新潟、福島、茨城などは

とくに目玉となる観光地もなく旅行に行く機会はないのではないでしょうか。

今回は長男の住む新潟に次男家族と一緒にいくことになりました。

 

長男は7年前に結婚、5年前の新築祝いに同じメンバーで行く予定でしたが

次男が仕事の関係で行けなくなり、たっての希望で5年ぶりの新潟旅行になりました。

新潟へは新幹線、自動車、飛行機等と検討しましたが

子供への負担の少ない飛行機で行くことにしました。

 

  

まずは新潟のB級グルメの代表タレかつ丼で腹ごしらえ。

現地では有名店のとんかつ政ちゃんで醤油ベースの甘口のカツ丼で舌つづみ

 ボリューム満点で福井県のソースかつ丼とは違い美味でした。

 

 

夕飯の材料を新潟市内の万代島鮮魚センターで調達です。

 

 

新潟は米づくりで有名ですが、市内に信濃川や阿賀野川があり

河川近くの三角地ではくだものづくりも盛んに行われ、

なし・ぶどう・りんご園も市内にありちょっと覗いてみました。

 

 

まだ、夕方まで時間があるので、関西からは特に行く機会も少ない山形県側の

村上市まで車を飛ばしました。

村上市では三面川(みおもてがわ)のサケをイヨボヤと呼び、

「イヨ(イオ)と「ボヤ」はともに魚を意味する言葉で、

三面川のサケを「魚の中の魚」「三面川の鮭でなければサケとはいえない」

と言うほど、鮭と密着した生活をしています。

 

                                                                 (イヨボヤ会館)

 

 

村上市内の民家の軒先にサケを干す風景がありました。

 

 

イヨボヤ会館は村上市を流れる三面川のサケに関する歴史や

文化などを知ることができ、季節によりサケの産卵やふ化るまでの様子を観察できます。

 

村上市は新潟県北部の村上城を中心地として栄えた歴史ある城下町です。

お城はありませんが、黒塀通りは風情を残す緑豊かな通りがあります。

 

 

 

翌日は前々から一度は行ってみたかった新潟三条市にある

 爪切りの専門メーカの諏訪田製作所に見学に行ってみました。

 一つの製品をここまで特化して作り上げることで世界的に有名な

会社に育てあげることのすばらしさを拝見しました。

製造工場にありがちな3Kもなく、3Sの快適な環境で仕事をしている姿は

誇りを感じとれました。

 

ダマスカスレイヤードという商品名のこの爪切りは¥64,800-する逸品で、

素晴らしい出来栄えです。この値段でも品切れになるのはブランド力の強さであると感心しました。

 

 

この旅行で心配されていました台風の影響もなく、

孫たちの長旅中のトラブルもなく帰阪することができました。

今度は冬の新潟にもいくことになりそうです。

 

お問い合わせ